2017年03月30日

立看板の数独の解答・解説

こんにちは。新歓代表のまどれ〜ぬです。
今回、数年ぶりに新歓の立看板を立てました。
旧1号館付近に置きましたが、ご覧になったでしょうか。

tatekanban17.pdf

本日はこの数独の解説をしたいと思います。

kaisetsu1.png

この中央に入る数字を考えるために、周囲をどんどん埋めていった人もいるかもしれません。
しかし、今回の場合は、中央の数字は一発で決まるようになっています
(立看板の性質上、頭の中だけで考えられるようにしました)。
早速見ていきましょう。

まずルールをおさらいします。
「全てのマスに1~9の数字のいずれかが入 った状態にしましょう。ただし、各行、各列、 また太線で囲まれた3×3の各ブロックにお ける9つの数字は全て異なるようにします。」

kaisetsu2.png

そこで、真ん中の行をみてみると、1〜4が既に入っているため、中央のマスには1〜4は入りません。
これは簡単ですね。
さらにこの行について詳しく見ていきましょう。

kaisetsu3.png

実は、ルールから候補を絞っていくと、両端のマスはどちらも8または9しか入りません
(例えば左端のマスの場合、そのマスを含む行に1〜4、そのマスを含むブロックに5,6、
さらにそのマスを含む列に7が入ってしまっているので)。
左端に8が入ると右端は9、左端に9が入ると右端は8ということになります。
いずれの場合も、この行の他のマスには8,9が入らないことになります。
つまり、中央のマスに入る数字は5,6,7のいずれかに絞れたことになります。

kaisetsu4kai.png

ここで中央上のブロックに着目してみましょう。濃い紫の7があるため、薄い紫の部分には7が入りません。
つまり、このブロックの中で7が入る候補は濃い赤の2箇所のいずれかということになります。
いずれの場合も、薄い赤の部分には7が入らないため、
中央のマスに入る数字は5,6のいずれかに絞れたということになります。
この後は難しくなります。

kaisetsu5.png

薄い橙で示した2行に着目してみましょう。
この2行において、6が入る箇所はどちらも緑か青のマスしかありません。
ところが列の関係で、この2行で6が入るのは
緑の2箇所か、青の2箇所しかありません。
いずれの場合も、薄い紫で示した残りの部分には6が入らないことになります。
ようやく、中央のマスに入る数字は5と確定したわけです!

kaisetsu6.png

ちなみに全てのマスについて埋めると次のようになります。結構大変です。

kaisetsu7.png

いかがでしたか?
今回はなかなか難しい問題でしたが、この解説を通じて、
問題に対するアプローチの仕方やパズルを解く楽しさを実感していただければと思います。

最後に新入生に宣伝を。
3/31(金)〜4/1(土)のサークルオリエンテーションは114教室で行います。
この問題ほど難しくはないですが、様々なパズルを取り揃えているのでぜひ覗きに来て下さい。
また、新歓会合は4/11(火)(5限終了後に一階食堂or二階食堂)、
新歓食事会(新入生無料)は4/14(金)(18:50に生協書籍部前集合)に行います。
詳しいことについてはTwitter @puzzletokyo で宣伝するので、時折確認していただければと思います。
ではまた。
posted by pt at 10:20| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

合宿

どうも、編集長を引き継いだゆずっこです。

約三ヶ月ぶりの更新とはなってしまいますが、合宿に行ってきましたので報告を。

今回の合宿は鬼怒川温泉の近くの巨大迷路パラディアムへ行き、その後宿でパズル大会などをして楽しむ、という日程となりました。
この巨大迷路は去年行った清水公園のものよりも広く感じ、また難しかったように思えます(あくまで主観です)。
また、パズル大会についてですが、これは合宿の2週間ほど前に代表の住建から話があって、急遽用意したものだったのですが、急ごしらえにもかかわらず皆さんに楽しんでいただけたようでなによりでした(難易度の設定に難ありとは言われましたが…)
合宿中ほとんどパズル漬けで疲れはしましたがすごく楽しい合宿となりました。

さて、無事合宿が終わったので、これから大忙しの駒場祭準備期間となります。
冊子を手に取る皆様に楽しんでもらえるよう精一杯がんばりますのでどうぞよろしくお願いします。
posted by pt at 00:46| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

五月祭のハバネロ問題とヒント

五月祭用に難しいパズルを作りました

橋をかけろ ハバネロ 見えない壁.xlsx

これは「あること」をすると盤面に壁が発生するのです

そのヒントは
橋をかけろ ハバネロ 見えない壁 ヒント.xlsx
この図と
・全体のバランス
・連立方程式

といったとこでしょうか

しばらくしたらこのカラクリを種明かしします
posted by pt at 22:23| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

明けましておめでとうございます

Windmillです

2014年になりましたね
少し遅くなりましたが新年のご挨拶パズルです

ぬりかべです
上のところが2014になってます
ぬりかべ2014
難しすぎますよねごめんなさい

試行錯誤してみてください
posted by pt at 19:21| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

駒場祭のハバネロ

夢香です。

駒場祭で配布したハバネロの冊子が欲しいとの声があったようなので少し遅くなりましたが置いておきます。
難易度は本冊子やこまぱずるくんと比べるとずっと高めなのでパズルを見てルールが分からなかったり、自信がない方は挑戦しないほうがいいかもしれません。

ハバネロ2013駒場祭

posted by pt at 18:12| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

駒場祭配布冊子の解答について

夢香です。

駒場祭の本冊子やこまぱずるくん、そして解答のデータをホームページにアップロードする予定ですが、ホームページの更新に少々手間取っており、ホームページにデータが上がるまで少しかかりそうです。申し訳ありません。

早く解答を見たいという方もいるかと思いますので、ホームページに上げる予定のデータをとりあえずここにも置いておきます。

本冊子
本冊子の答え
こまぱずるくん
こまぱずるくんの答え
駒場祭で配布した冊子の訂正
posted by pt at 08:56| Comment(1) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

駒場祭でパズル冊子配ります

まずは、宣伝から

駒場祭でパズル冊子を無料配布します
ぜひ、遊びに来てください


そのためのパズル集めもいよいよ本格的になってきました
今年は2年生が少なく1年生が多い年齢構成。
最後の追い込みが効きにくいので素早く集めなきゃいけませんね


一生懸命作ったパズル冊子。今年も多くの人にもらっていただければ嬉しいです
posted by pt at 21:10| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

2013年です

あけましておめでとうございます!枝豆です。

早速ですが年賀パズルです。
シャカシャカ

今年もパズル党東京支部をよろしくお願いします!
posted by pt at 00:00| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

年の瀬ですね

…と言いたいところですが、今日はクリスマスだったようで。
枝豆です。
久しぶりにパズルを載せましょう。
コンピュータゲームでよくあるあれです。
マインスイーパー
解けたら地雷の数を数えてみましょう。それ以上は今は言いますまい。

さて、2012年も残すところ僅かとなりました。
大学祭では今年も多くの方に来ていただきました。毎回励みになっています。本当にありがとうございます。
来年もパズル党東京支部をよろしくお願いします!
posted by pt at 19:58| Comment(1) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

秋合宿

ブログを書くのも久々な気がします、Promeです。

9月のこの時期といえば、秋合宿!一昨日22日〜23日にかけて同好会は日光・鬼怒川を訪れました。
なぜ日光・鬼怒川なのか?

「合宿、温泉地がいいよねー」
「近郊だとどこがいいですかねー」
「にっこうり」(ボソリ)

この訳のわからないギャグがなぜか受け入れられ、支持を集め、日光になってしまったのです。苦しいギャグ言った当人(すなわち私)もまさかこのような結果になるとは思いませんでした。

22日
この日は日光を見学し、鬼怒川温泉の旅館へ行くというプラン。普通に東照宮を観光する班と、巨大迷路パラディアムとトリックアートピア日光組を訪れる班に分かれました(もちろん途中までの旅程は同じでしたが)。東武線には素晴らしい特急もありますが、貧乏旅行な我々はもちろん鈍行。えっちらおっちら3時間ほどかけて日光へ向かいます。とはいえ我々はペンシルパズル同好会。暇な時間を潰す手段など色々と持ち合わせているのです。私達2年生はチェントを使って、7枚のカードに書かれた数字を使って足し算引き算をし、目的の数字を作るゲームをやってました。……まさか、これが後に恐ろしい事態を起こすとはこの時点では誰も気づいてなどいませんでした。

日光についてからはとりあえずご飯!そして日光東照宮へ向かいます。流石休日ともあって凄い人でした。修学旅行の小学生もいたようです。東照宮はまさしく壮大!あれが今から400年も前の江戸時代にできていたということが驚きです。東照宮見学後はお土産を買ってまた電車に乗って鬼怒川温泉へ。迷路&美術館組と合流し、予約していた宿へと向かいます。

宿は事前に決めるときに二転三転しましたが、民宿の里の宿千春さんにしました。遅くまでどんちゃん騒ぎする(といって黙々とパズル解いたりゲームしたりですが)我々としては嬉しい規模で今回は貸切でした。お料理も美味しく、女将さんも気さくで本当にいい宿でした。ご飯を食べて、温泉を満喫し、そしてようやくメインのパズルタイムです!メインは枝豆君の早解きパズルでした。この早解き、解けた人数が得点になるのですが、解けた人数が素数でない場合マイナスになるというもの。人数は15人(枝豆除く)だったので、皆が解けても大きいマイナスにしかならないというもの。結果は全問正解者が1位にならないという設定が活きた結果でした。私の作ったドミニオンシークワーズはミス多発で美味しくなかったようです、申し訳ない。

その後、各自部屋に戻ってテーブルゲームで遊びます。私達2年生は他が華々しい(?)カタンとかをやってるなか、チェント。もう長いことやってるので流石になーというなか、「それじゃあなんか新しいルールを作ろう」ということに。行きの電車でやった「たしひき」のゲームを改造し始めます。「もっと演算子使いたい」「×、÷とか?」「指数関係もいれよう」「順列組み合わせとかは?」「それはゲームバランスが崩れるのでだめ」「+使っちゃいけないようにしよう」「でも−2回使ったら+になるよ」……などという論議がなされ、生まれたのが「ひきたし」でした。この「ひきたし」は一晩で2年生を狂気の坩堝に落としこみ、今も熱が冷めていません(少なくとも私は)。詳しいルールについては後日枝豆君から語られることでしょう……。そうしてこの熱狂で夜を明かし、遊び続けて雑魚寝をしたのでした。

23日
朝御飯をいただき、宿に別れを告げ、鬼怒川温泉探索に向かいます。この日もライン下り班と散策班の2手に別れました。私はライン下り班。ライン下りってもっと緩やかなのを想像してましたがなかなか速い。面白い形の岩などを船頭さんが紹介してくれました(逆に言えば岩ぐらいしか見るものはないのです……)。生憎の雨もあってちょっと見づらかったのも残念でした。あと昨日のせいでかなり眠かった。探索班は鬼怒川公園に行ったり、足湯を楽しんだようです。こうして楽しかった合宿も終わり。いやいやおうちに帰るまでが合宿です!駅で弁当を買って電車でいただき、また「ひきたし」に興じるのでした……。

全体的に思い返せば、なんだか2年生にとっては日光や鬼怒川温泉よりも「ひきたし」の印象が強かった今回の合宿ですが、他の参加者の皆さんも楽しんでいただけたようなら企画者としては嬉しい限りです!

次回会合は10/2。そろそろ駒場祭も近づいてくるのでその話がメインでしょうか。2年生は夏休みもあと少しといったところ。しっかり満喫していきたいです。
posted by pt at 19:18| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

ハタンしたら、やり直せ

こんばんは。どももです。
先日、五月祭の打ち上げが行われ、代表としての私の任期は正式に終わりました。
今後は、たびたびブログを更新している枝豆が代表として同好会を率いることになります。
最後ということで、この1年を振り返って見たいと思います。

代表をしていた1年を、パズルに例えて一言で表せば「ハタン」でしょう。
この1年は失敗ばかりでした。それも頑張った末の失敗ではなく、イージーミスばかりです。
(具体的に言うと、今月で退任した前防衛相のような感じです。あの人には個人的にすごく同情を覚えます)
イージーミスからは、素敵なものは何も得られません。ただ、周囲の人間のストレスと、ミスをした人間の無様さが増すだけです。
これは成功したな、と思えることは一つもありません。これほど苦い結果を味わうのは久しぶりです。

どうしてハタンは起こってしまうのでしょう?
パズルを解くときはリラックスすることが大事。ですが、頑張ろうと思うあまり力が入りすぎてしまうとどうなるでしょうか。
緊張の糸が常に張りつめていた→正常な判断力が働かない→普段ならあり得ない手を打ってしまう→ますます混乱して判断力を失う・・・という悪循環になってしまうのです。

常識を持ち合わせていなかった私は、1年経ってやっとこのことに気づきました。「今さら遅い」という思いと「まあ、気づけてよかったな」という思いが両方浮かんでいます。
この1年からは、反面教師として非常に多くのことを学びました。

そんな中、所属している別のサークルで代表になることが決まりました。
今度は、こんな1年にするわけにはいきません。
もう一度やり直します。次こそちゃんと解けるように。

今後は、「こうしたらハタンする」ということを予測しながら動いていくことを心がけたいです。
ペンシルパズル同好会代表というパズルは見事に失敗しましたが、人生というパズルまで同じように失敗したくはないですからね。
肩の力を抜いて、柔軟にパズルを楽しんでいきましょう!
posted by pt at 23:51| Comment(1) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

パズル大会やります!

枝豆です。ちょっとお知らせです。

同好会員何人かで来月にパズル大会を準備しています。
パズルが好きな人たちが集まって交流する場になるといいな。
参加したいって方は何らかの方法で連絡ください!(ブログのコメントとかメールとか)
解くのは得意じゃないって方でも大丈夫ですよ。

五月祭と大会の準備が重なって大変だけどワクワクしています。
あ、そういえば、五月祭はいつもの建物に場所変更できたらしいです。

運転って難しいね、な枝豆でした。
posted by pt at 23:26| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

手のひらの中の迷宮

お久しぶりです。どももです。
今年に入って記事を書くのはこれが初めてになります。遅いですね。

今回はメカニカルパズルについての告知があります。
先日、株式会社サイトレック様から、立体迷路デロリングというパズルをいただきました。
今発売されている3種類を全て送ってくださるという、懐の深さにびっくりです。
(こちらが公式サイトです。 http://www.daeloring.info/

手のひらサイズのスティックからリングを外すだけなのですが、リングの内側には迷路のような溝が彫られており、スティックの突起をうまく伝わせる必要があります。
しかも、その迷路は外からは全く見えません。なので、試行錯誤をもとにルートを頭の中で記憶しなければいけません。根気もかなり必要です。
会合で会員に配ったところ、最初のレベルであるイエローは何人かクリアしたようですが、その次のオレンジはクリア者が1人2人、3番目のグリーンに至ってはその日の会合で手をつけた人が全くいませんでした。

しかしこれでもまだ山の中腹。今後1年に1レベルずつ、あと3レベル発売されるようです。
・・・それはつまり、1年かけて取り組んでね!ということでしょうか。
ちなみに、私はまだイエローをクリアしただけです。
先が思いやられますが、1年後までにグリーンを抜けたいところですね。

このデロリングは、五月祭(5/19〜5/20)にも出展する予定です。
来場された際には、ぜひ挑戦してみてください。
posted by pt at 14:46| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

あけましておめでとうございます

arrowです。
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年は、このサークルにも色々なことがありました。
3月には京都で京大のパズル同好会の方との交流会を行い、多くの刺激を受けました。
その最終日にあの大震災が発生し、東京へ戻れなくなった部員が京大の方の家に泊めてもらうという事態も発生しました。

そんな京大の方と合同で作ったパズル本がまもなく発売される予定です。
こちらの方もよろしくお願いします。

五月祭、駒場祭ともに盛況で、冊子が途中で売り切れとなってしまいました。
正直言って毎回の展開となりつつありますが、予想よりも多くの方にご来場いただきありがとうございます。

現在、GW あたりに出版予定のパズル雑誌のプロジェクトも進行中です。

2012年がよりよい年になるよう頑張りたいと思います。
僕個人としては院試と卒論に追われる年になるとは思いますが…。

最後に、2012年記念のヤジリンを作ったので、解いていただければ幸いです。
難易度は配置で無茶した分やや高めとなってます。

http://www.kanpen.net/yajilin.html?problem=17/17/._._._._._._._50_._._50_._._._._._._/._._._._._._._._._._._._._._._._._/._._._._._._._._._18_._._._34_._._._/._17_._._._._._._._._._0_._._._._._/._._._._._._._._18_._._._._49_._._._/._._2_0_1_2_._._._._33_._._._._34_._/2_._._._._._49_._48_._._._2_._._._._/._._._._._._._._._._._._._._49_._1_/._34_._._._34_._16_._17_._34_._._._._._/._._._33_._._._._._._._._._._._._._/._._._._50_._._._17_._._._._._._._1_/._34_._._._._._._._._._34_32_33_34_._._/._._._32_._._._._18_._._._._._._._._/._._._._._17_._._._._._._._._._48_._/._._._._._._._18_._._._._._._._._._/._._._._._._._._._32_._._._._._._._/._._._._._._50_._._._._._._._._._._/


posted by pt at 13:20| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

駒場祭が終わりました

今日で駒場祭の全日程が終了しました。

今回は例年にない大盛況でした。
今朝になって急遽冊子を増刷したのですが、トータルで900部あった冊子が終了1時間前にすべて売り切れてしまいました。

珍しく3日とも好天に恵まれたうえ、場所が入口に近かったこと、宣伝を積極的にやってみたことなどいろいろと理由が考えられますが、なにはともあれ嬉しい限りです。
迷わずハバネロを手に取り、解いて帰って行ったお子さんから、数独の本に1時間格闘されていたパズルファンの方、にぎわいに惹かれてふらりと立ち寄ってくださったご年配の方まで、様々な年代の方がいらっしゃいました。
パズルは難しくて苦手・・・という方の中にも、絵しりとりや間違い探しで、思わぬ才能を発揮された方も多かったです。
今回の駒場祭を機会に、パズルの魅力を感じ、パズルの世界をもっと散策してくださる方が増えてくれればいいと願っています。
足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました!


※本日の午後にいらした一部の方には、冊子を切らしてしまったことをお詫び申し上げます。
冊子の内容と解答は、近日中に同好会HPからダウンロードできるようにする予定です。
posted by pt at 00:02| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

もうすぐ駒場祭です

どももです。
今回は、もうすぐ行われる駒場祭のPRをしようと思います。

11/25(金)〜27(日)に、東大駒場キャンパスで駒場祭が開かれます。
ペンシルパズル同好会では、「Puzzles du monde」と題した展示を行うことになりました。

「Puzzles du monde」は、フランス語で「世界のパズル」という意味です。
なぜ今回はいきなり気取りだしたのかというと、新企画として、海外のパズル本を展示するからです。

会員は意外と世界に目を向けていたらしく、募集をしたところ多くのパズル本が集まりました。
日本ではあまり知られていないけれど、海外では国を越えて有名、というパズルも多くあります。
普段なかなか触れないパズルを見て、パズルの世界の奥深さを味わっていただければと思います。

なお、一部の展示は「ご自由にお解きください」形式にするつもりですので、お時間があれば挑戦してみてください。

もちろん、例年の通りパズル冊子の配布も行います。
中でもハバネロは今回も辛いです(笑)初めての方は、不用意に持ち帰らない方がいいですよ。

パズルのある素敵な時間を過ごしに、ぜひお越しください!
posted by pt at 01:03| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

詠み人知らず優秀作

どももです。
すっかりお待たせしましたが、合宿で行った詠み人知らずの優秀作を発表したいと思います。
本来は誰かがいろいろ選んでいたような気もしますが、誰も覚えてないのでどももが独断で選びました。
ではどうぞ。


<えなじ〜賞>
みぎのひと
さけをのんだら
えなじ〜だ


<ペンシルパズル賞>
しからずに
そんしょうなく
ぺんろけは

ひとくれを
ふみにいったの
だれですか?


<のりのり賞>
のりすけは
のりのりのりお
のりぴーの


<リア充賞>
あなたとは
もうあそこをね
あいしてる


<知ったかぶり賞>
なにをする
きさまのうでごと
うんちくを


<しょっぱ賞>
からしみそ
なすときはあす
みそのあじ


<ゴキブリ賞>
はかまはき
はいつくばって
れいぞうこ


<立ち上がれパズラー賞>
がっがっが
がっはっはっは
がんばって
posted by pt at 01:05| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

秋のパズル合宿

どももです。
だんだんと気温が下がってきましたね。
個人的には15℃くらいが適温なのですが・・・もうすぐです。

さて、9月23日・24日で、合宿に行ってきました。
今回のメインの目的は、神奈川県本厚木にあるパズルショップ「パズラボ」訪問です。
ついでに大山にも登りました。宿は大山の参道にある民宿です。


<1日目>
パズラボは狭いので、4班に分かれ、1日2班ずつ訪問することに。
といっても、どももは2日目の最後の班だったので、この日はまっすぐ宿へ。
しかし、宿に着く時間が遅く、大山のケーブルカーはすでに終わってしまっていました。
なのでこの日は宿で遊んだりパズルしたりと、のんびり過ごしました。

パズル早解き大会も行われましたが、Edenさんの問題は同じような盤面×9問で、まずどれが何のパズルなのかを考えるというもの。
ちゃんと推理すればどのパズルかわかるようにできており、すごくいい問題でした。
ぬりぼーやモチコロの魅力を知ったばかりか、シャカシャカのコツをつかむこともでき、有意義に過ごすことができました。

※補足
・図形パズルの会のインストラクション(仮ver)の配布が、行きの電車の中で行われました。学会っぽい感じを出せてよかったと思います。
・いちばん好評だったゲームは、長唄研究会イチオシの白熱ゲーム「Jungle Speed」でした。説明書のノリのよさも素敵です。



<2日目>
1日目は登山できなかったので、大山とパズラボの両方に行くことになりました。
2年前にも同じ場所で合宿したそうですが、その時は大山のケーブルカー終点まで歩いて登ったそうです。
ですが今回は、ケーブルカーを使う代わりに山頂まで登りました。
曇り空だったのはやや残念ですが、全員無事に登ることができたのがうれしいです。

その後、どももの班はようやくパズラボに行きました。
とても楽しいところでした。解けなくて悩むのも楽しいのですが、何問か解けるともっと楽しくなるものですね。
パーツをはめて立方体を作るパズルや、中身を並べ替えるスライドパズルなど、普段の会合では触れない多くのパズルに出会うことができました。
また、ニコリ最新号に掲載されているエクスプロージョンパズルもありました。
うっかりばらしてしまいやすいうえに、元に戻すのは難しいというなんとも扱いづらいパズルです。
ですが、パーツの回転は芸術的なので、ぜひ一度手に取ってみてください。

予想以上にパズル濃度の濃い合宿になってよかったです。
毎年とは言いませんが、2年に一度くらいここで合宿してもいいかもしれません。

※補足
・大山山頂では、きゅうり(味噌つき)を一本200円で売っています。山頂で食べるとおいしいです。
・ミルクカルピスのおいしさを知りました。
posted by pt at 11:38| Comment(1) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パズルの秋が来ました

こんにちは。どももです。
最近PCが壊れたこともあり、あまり記事を書けていませんでした。
やっと新しいのが動いたので、9月分をまとめて報告しようと思います。

<9月8日>
前回の会合での決定を受け、会合前日あたりにリマインダを送信をすることにしました。
これがなかなか便利です。会議がスムーズに進みます。

・駒場祭のスケジュール・合宿のスケジュールを決めました。合宿は人数が増えてしまったため、パズラボ訪問を班分けすることにしました。

<9月20日>
・駒場祭でCMを流すことにしました。何かひらめきパズルでも流そうかと考えています。
あとはうちのPCのスペックの問題です。動画作成ツールなんか開いたらCPUがぶっ壊れそうな気がしてなりません。

<9月23-24日>
合宿を行いました。行先は神奈川県本厚木にあるパズル専門ショップ「パズラボ」です。
ついでに大山にも登ってきましたよ。詳しいことは次の記事で。

<その他>
10月22日(土)に「図形パズルの会」が開かれることになりました。
というわけで去年の「JPCもう一回会」の問題を引っ張り出して解きなおしています。
本番までに全問解ける・・・といいですね。
posted by pt at 10:41| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

新歓のまとめとからくり箱

こんばんは、どももです。
いろいろありまして、4月はブログを更新できずに終わってしまいました・・。
少し遅いですが、今回は新歓について書きたいと思います。

今年の新歓は、一言でいえば結構成果があったと思っています。
今のところ12人もの方が、メーリスに新たに加入してくれました。
また、今年の新人の中には、パズル製作経験が豊富な方も何人かおり、ハバネロ好きな会員と毎回話を弾ませています。
早くも五月祭に問題を投稿してくれた方もいるようで、今後に期待がもてそうです。

会合は4月に2回行ったほか、5月に入ってから五月祭用問題の解き直しのため2回集まりました。
どの会合でも、たくさんの問題を解くことになったため、新人の方にとっては刺激的だったのではないかと思います。
新人の皆さんのペンネームも、そろそろ決まりつつあるようです。これから少しずつ覚えていきましょう。


最後に余談になりますが、先日の会合で会員の方から「からくり箱展」について紹介されました。
様々なからくり箱が一堂に会する(?)展示会とのことです。
興味がある方は足を運んでみるのも面白いと思います。

http://www.karakuri.gr.jp/creation/index-j.htm



posted by pt at 20:08| Comment(0) | パズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。